旧糀屋とは

歴史

江戸・明治時代に糀(こうじ)屋が営まれていた、築100年を超える古民家。二階の蔵から、糀屋さんだった当時の大福帳、株券、教科書といった書物や、糀屋の家紋入りの漆塗りの食器などの数々が出てきました。 このまちの歴史が所々に息づく家だからこそ感じられる、記憶の縁(よすが)がここにはあります。

現在

長年空き家となっていたましたが、まち家族でお借りし改修を行いました。2021年4月より「旧糀屋」として生まれ変わり、「まちの人たちとこのまちを訪れる人たちが、家族のように繋がれる場」をコンセプトに、まちに開いています。

土間で喫茶やイベントなどを行ったり、「このまちに暮らす」を体験する一棟貸しの宿泊場所になったりと、「古民家活用実験所」として様々な取り組みを行なっています。